休みの日に何をするか

カテゴリー: タグ:


休みの日に何をするか・・・

日々仕事に追われている人は、毎日こまめにできない家の掃除をしたり、溜めたままにしている洋服を洗濯したり、翌週のためにスーパーでまとめ買いしたりと、まぁ平均して家事全般で終わるのが常。
あとは疲れすぎて何もする気がないと家で1日ダラダラして終わったり。
まぁわからないでもないし、家族がいればそれこそ自分ひとり思いのまま過ごすわけにもいかず。



休みの日に何をするか?
何年経っても着地点がみつからない人が多い中、私は20代の頃から「会社が休みの日は家の仕事も休み!」と宣言して以降、ほぼ家事に時間を使うことをやめました。
平日に雨続きで掃除洗濯できない時の代替えはあるとしても、そういった日以外の休みの日は撮りだめしていたTVを見ることもありますが、大抵外に出ています。



昔は渋谷や新宿等街中に出向き、街中を散策したり買い物したり、休憩兼ねてレストランで食事をしたりと、とにかく街中へ足を運んでいましたが【釣り】に出会って以降、思考・趣向ともにがらりと変わり、余程のことがない限り、街中へ行くことすらなくなりました。
元々ブランド物や流行物に興味がなかったこともありますが、洋服やバッグなど今あるもので十分だし、自ら好んで人混みへ行ったり行列に並んでまで人気のレストランやラーメン屋、スイーツを口に運ぶこともまずありません。


これ!」といったものになかなか辿り着けるものでもないですけど、気がつけば続けているのが趣味!
それが私の場合は釣りでした。



ここ数年、ある物事に夢中になる女性のことを「○○女」と呼ぶようになり「釣女」という言葉が生まれましたが、そんな言葉が生まれるずーーーーっと前から釣りにはまり、休みさえあれば釣り場へ足を運ぶようになっていました。
とはいえ私の場合、竿を出して釣りはしますが、シートを広げてお弁当を食べたり、寝転がって昼寝をしたり、本を読んでみたり、釣りをしている方々と交流したりと、釣りをしている時間よりもその他のことをしている時間の方が有意義だったりすることもしばしば。
もしかするとそれが自分にとって一番合っていたのかもしれません。

あとは・・・

自由なのがいいのかもしれませんね。
目の前の開けた視界で考え事をするもよし、逆に何も考えずただぼーっと波や空を眺めるもよし。
本気で釣りをしているのではないので、釣果を上げるための潮の満ち引きを考えてまで行動しない。
釣り竿他一式揃えてしまえばあとは現地へ行けばOK!
たまに頑張っちゃえば夕飯のおかずもgetできて、お金も然程かからず丸1日楽しめるってほんと釣りっていいなって。



今日は休みの日に何をするかをテーマにツイートしてみましたが、次回はどのような魚が釣れたかとか、釣り場でどんな話しをしているかなどお話できればと思ってます。