wordpressのプラグインAll in One SEOを更新したら英語だらけに

カテゴリー: タグ: ,


wordpressはサイトを作る上でとても便利なアイテムです。
細かな作業を足したり引いたりはしますが、最低でもお気に入りのテーマをみつけてそのままごっそり入れればホームページが出来上がります。
とはいえ、wordpressを利用している人であれば必ず訪れるプラグインの更新
画面に「新しいバージョンがUPされたから更新してね」的なアイコンが表示され、使い始めの人にとってはこの赤いマークが気になってしょうがなくなります。
綺優サイトは独自テーマを作成してホームページが成り立っていますが、プラグインも幾つか利用しています。
その利用しているプラグインの中のひとつ All in One SEO を更新したところ、半分近くが英語表記になってしまいました。
全く理解できないということはないのですが、英語が苦手な綺優にとって正直苦痛といえば苦痛。
このようなことがないようにするにはどうすればいいかをテーマに少しお話させて頂きます。



プラグインの更新

更新マーク表示

wordoressにログインすると管理画面のプラグイン脇に更新マークが表示されます。



プラグイン一覧

管理画面「プラグイン」をクリックすると、使用しているプラグインが一覧として表示されます。



更新ボタンを押す

新しいバージョンがUPされたプラグインには下図のように色違い表示にて
「新バージョンの〇〇が利用できます。バージョン〇〇を表示するか、更新してください。」
と表示されているので、内容を確認してから更新をクリックします。



プラグインの更新作業はこのようにとても簡単に進めることができるのですが、問題が発生するのはここからです。


All in One SEO

今回問題が発生したのは、All in One SEO というプラグインです。
問題といっても私個人のことなのでお間違えなきようお願いします。
プラグイン「All in One SEO」は、サイトマップを作成したり、各ページのSEOを適切に設定して検索エンジンでサイトを上位にランクインさせることができるプラグインなのですが、なにせ日本人が作成したものではないので英語が主流です。
wordpressでサイト制作をしている方はかなりの確率で利用しているプラグインでしょう。
但し、バージョンによって日本語化されたものもあれば、未開発のものもあります。
日本語化されているものの殆どが有志の手によって日本語化されているため、どうしても100%日本語化されないのが実情です。
そして私のように英語が不得手な人間にとって、要所要所手が止まってしまいます。
今回バージョンを上げたAll in One SEOもそのひとつで、下記のように英語が一気に増えてしまいました。



対策としては、日本語化されるのを待つか、バージョンを下げるかのどちらかですが、根本的な解決は私が英語を勉強すればいいってことですよね(苦笑)。
皆さんはどの解決方法を選びますか?
これはwordpressのプラグイン更新だけの話しではなく、例えばPCやスマホのOS更新や、ソフトやアプリの更新も同じことが言えます。
更新前に情報収集をしてから更新していいかどうか・・・しっかり検討してから作業を行うようにしてくださいね。
ちなみに・・・
綺優が今、更新するか否かで悩んでいるのはwindowsのOSを11に上げるかどうかです(苦笑)。
そろそろかなぁと思いながらかなり月日が流れました。
数週間に1度、PCを立ち上げると同時に「バージョンUPしますか?」とPCに聞かれてます。